--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.10.25(Tue):From KIRIHARA
随分とこのサイトも続いて、話も増えましたのでせっかくですから目次をここに作成したいと思います。
これでかなり話を探しやすくなるかと…(笑)。
カテゴリ探すのも大変ですしね。いや、私もたまに苦労を…(笑)。

『蒼の都の物語』(完結)        『眠れない夜を紡いで』(連載中)
第1部                 序章
 第一章                第一部
 第二章                 第一章 
 第三章                 第二章
 第四章                 第三章 
 第五章                 第四章
 第六章                 第五章
 第七章                 第六章
 第八章                 第七章
 第九章                 第八章
 第十章                第二部
 第十一章                第一章
 第十二章                第二章

第2部
 第一章
 第二章
 第三章
 第四章
 第五章
 第六章
 第七章
 第八章
 第九章

最終章

外伝
スポンサーサイト
 その都は、最も空に近い場所にある。
 天上の神々が住まう天空に最も近い場所。
 だからその都に生きる人々は、誇りを持って言うのだ。
 この都は、空(くう)の都だと。

【Read More...】

2005.10.26(Wed):From KIRIHARA
初めまして。
KIRIHARAです。
とはいってもここはちょっとの人にしか
教えていないので、
初めましてもへったくれもないですが(笑)。
ここを教えた中でも更に一部だけが知っている
この物語。
実はかなり長いのです。
それを一日に一話ずつ、しんどくならない程度の長さで
お届けしていこうと思っています。
まぁスピードはどうかわかりませんが。
できれば毎日更新していきますので。
よろしければお付き合いください。
ではでは。
 酒場を出た彼は、夜風の中をゆっくりと歩いていた。
急ぐわけでもなく、足音も立てず滑るような足取りで。
 口許には軽い笑み。そこだけ空気が違うようにさえ見える。

【Read More...】

 アイーシャとエシャールには、血の繋がりはない。風の月に
なろうかという頃、城壁に寄りかかっていたエシャールに、
水汲み帰りのアイーシャが声をかけたのだ。
 

【Read More...】

 アイーシャはそれまで、子守や水汲みをして生活していた。
 

【Read More...】

2005.10.29(Sat):From KIRIHARA
テンプレートを変えてみました。
一応ファンタジー系を書いているつもりなので(笑)、
イメージを合わせたいなと思って。
エシャールがつけていそうなアクセサリーのような
感じだったので、とりあえず採用。
時々変わるかもしれませんが、
話の方向性は変わりませんので、ご安心ください(笑)。
 真夜中。
 エシャールは人の気配で目が覚めた。

【Read More...】

2005.10.30(Sun):From KIRIHARA
どうですか?
話も5話になりましたが。
いや、長さの話です。
短くても区切りがいいというか、
そういうところで止めているのですが。
もう少し長めに区切っていったがいいですかね(笑)。

もともとこの話は、携帯メールで投稿していくというサイトに
ず~っと貯めていっていたものなんですが、
このサイト、自分しか見れないんですね。
で、この話を間接的に読ませている親友からの賛成もあって、
ブログに連載をしてみようかということに。
だから携帯1024文字分がだいたい一話分です。
原稿用紙2枚半くらいかな。
もし何かご意見があれば、コメントにお願いしますね。
「お前のために周りが動くとでも思っているのか?浅はかな」
 感情ひとつ籠もらない、エシャールの声。

【Read More...】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。